staff-shoji
home-one
ここでは、ヨーロッパの建造物、建築物を写真と文章で紹介しています。
文章はWikipediaから引用しています。
main
home-two-left
ビフォーアフターの事例がある場合は、カテゴリーを作成し、投稿することができます。
home-two-right
お好きなカテゴリーをいくつでも登録できます。
各カテゴリーの記事に関連性をもたせ、リンクでつなげたり互いの記述内容を引用したりできます。

施工事例

EF056
マドレーヌ教会、通称マドレーヌ寺院 (フランス語:Église de la Madeleine)は、フランスの首都・パリ8区にある聖女マグダラのマリアを守護聖人とするカトリック教会。
EF037
モンマルトルのサクレ・クール寺院 (Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre) はフランスのパリ市内モンマルトルの丘の頂にそびえる教会堂。ロマネスク様式・ビザンティン様式のバジリカ大聖堂。ギベール・パリ大司教が計画を提唱し、アバディが設計を担当した。1889年にいち早く完成していたエッフェル塔と共にパリ市内を見晴らせる観光名所で、両建造物とも19世紀後半に構想され…
EF032
コンコルド広場(Place de la Concorde)は、フランス・パリにある有名な広場。パリの中心部、チュイルリー公園とシャンゼリゼ通りに挟まれて位置する。 1755年、アンジュ=ジャック・ガブリエルによって設計され、当初ルイ15世の騎馬像が設置されていたため「ルイ15世広場」と呼ばれていた。その後、フランス革命の勃発により、騎馬像は取り払われ、名前も「革命広場」に改められた。フランス…
EF028
オペラ座(l'Opéra)は、パリにある歌劇場。パリ・オペラ座とも呼ばれる。1875年に完成したガルニエ宮の呼び名として主に用いられるが、それ以前の劇場にも、またそれらで公演を行うオペラ・バレエ団体にも用いられる場合がある。
1989年にオペラ・バスティーユが新たに完成し、現在は主にここでオペラ公演が行われる。こちらはバスティーユ・オペラ座、新オペラ座とも呼ばれる。単にオペラ座と呼ばれる…
Paris-Eiffel-Tower
エッフェル塔(La Tour Eiffel)は1889年第4回パリ万博の最大のモニュメントとなった建築物である。
高い塔を建てるという計画は、1833年のトレヴィシック(R. Trevithick)の計画に始まり、様々に試みられていた。ロクロワ(E. Lockroy)商工大臣が、フランス革命100周年記念のモニュメントとして良い案がないか、トロカデロ宮を建築した建築家ジュール・ブールデ(…
  • EF057
  • EF056
  • EF037
scroll-to-top