エッフェル塔

Paris-Eiffel-Tower
エッフェル塔(エッフェルとう、仏: La tour Eiffel)は、フランスの首都パリの象徴的な名所となっている塔である。 パリ7区、シャン・ド・マルス公園の北西に位置する。AAA
d5b985c2ba7fccd406b8bfe0c1b9553c1
ペンギン
GAK92_fusimiinari500
伏見稲荷

経緯

EF011
1886年6月3日、コンペティション最優秀作品として委員会が選んだのは3案あり、フェルディナン・デュテルとジャン・カミーユ・ルミジュの作品 (美術館など)と、エッフェル、ソーヴエストル、ケクランらの設計図であった。 満場一致の採択であり、講評は「1889年の万国博覧会用に建てられる塔は決定的な特徴をもち、金属産業の独創的傑作として出現しなければならない。 この目的に十分適うのはエッフェル塔のみと思われる」であった。こうしてエッ フェル塔建設が始まる。 建設は万博に間に合わせるため、2年2か月という驚異的な速さで行われ、1人の死者も出さなかった。 総工費は650万フランであった。
EF007-column2
フランス革命100周年を記念して、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために建造されるべくコンペティションが開かれた。 ここで、ギュスター ヴ・エッフェルほか2者の案が採用になった。設計者がステファン・ソーヴェストル、モーリス・ケクランとされたり、エッフェルは工事を請け負ったにすぎな いとされたりするが、当時ソーヴェストルとケクランは、2者ともエッフェル社の社員で、エッフェルとともにコンペに参加していた。 最終的にはエッフェルが 著作権者となり、この塔の名前の由来になった。

いろいろな時間のエッフェル

EF008-column31
建設当時の高さは312.3m(旗部を含む)で、1930年にニューヨークにクライスラービルが完成するまでは世界一高い建造物であった。
EF009-column3
現在は放送用ア ンテナが設置されたため、324mとなっている。 展望台は3つあり、高さは57.6m、115.7m、276.1mである。
EF010-column3
第2展望台までは階段でも昇る ことが可能。 水圧エレベーターなど、当時の基本構造は今でも現役で稼動している。 鋼製ではなく錬鉄製の塔である[2]。塔の支点の下には、水平に保つためのジャッキがある。

セーヌ川からのエッフェル

EF011-column4
あまりに奇抜な外見のため、建設当時は賛否両論に分かれた。1887年2月には、建設反対派の芸術家たちが連名で陳情書を提出している[3]。
EF012-column4
反対派の文学者ギ・ド・モーパッサンは、エッフェル塔1階のレストランによく通ったが[4]、その理由として「ここがパリの中で、いまいましいエッフェル塔を見なくてすむ唯一の場所だから」と言っている。ここから、「エッフェル塔の嫌いなやつは、エッフェル塔に行け」ということわざも生まれた。
EF013-column4
なお万博後には来訪者も減ったことや、当初の契約から1909年には解体されようとしていたが、のちに、軍事用の無線電波をエッフェル塔から送信することになり、そのため国防上重要な建築物ということで、現在に至るまで残っている。
EF014-column4
なお万博後には来訪者も減ったことや、当初の契約から1909年には解体されようとしていたが、のちに、軍事用の無線電波をエッフェル塔から送信することになり、そのため国防上重要な建築物ということで、現在に至るまで残っている。

エッフェル豆知識

Construction_tour_eiffel4-column5
エッフェル塔自体の著作権は、既にパブリックドメインに属しているが、2003年に施されたライトアップ装飾によって「エッフェル塔に新たな創作性が付与 された」と解釈され、2005年2月2日に改めてパリ市が著作権を取得した。
EF0161-column5
このためライトアップされた夜景の映像を許諾無しに公表すると著作権侵害と なってしまう。日本ではこのような規制はない。
EF015-column5
エッフェル塔内部にはパリの景色を一望できるレストランが開業している。特に有名なのが、ミシュランガイドでも1つ星を獲得したことのある「ジュールベルヌ」である。
45f191b9414e46f42fbc8df3ec78f629-column5
エッフェル塔は自殺の名所でもあり、毎年多数の人が飛び降りている。現在でも、展望台は簡単な柵あるいは金網が設置されているだけの吹きさらしである。
La_Tour_Eiffel_en_1937-column5
1912年にはエッフェル塔最古の事故死の記録映像が撮影された。(参考:フランツ・ライヒェルト)
Tour_Eiffel_Citroen
1925年パリ万博から1934年までのエッフェル塔は、夜にはシトロエンの社名の広告電飾がともった チャールズ・リンドバーグの「翼よ、あれがパリの灯だ」という名言の「パリの灯」とは、1925年から1936年まで自動車メーカーのシトロエンがエッ フェル塔に掲げていた巨大な電飾広告の事だと言われることもあるが、「翼よ、あれがパリの灯だ」という台詞は日本でのみ人口に膾炙している後世の脚色であ る(リンドバーグの項を参照)。
450px-Eiffel_tower_from_the_neighborhood-simple
2011年12月に日刊紙フィガロで、建築家グループが期間限定で塔を樹木で覆う緑化計画を立てていると報道された。ただしパリ市や塔運営会社は否定している。 エッフェル塔に「正面」はない(東京タワーにはある)。 大阪の初代通天閣のモデルともなっている(下半分のモデルはエトワール凱旋門である)。
before
Tour_Eiffel_Ascenseur_Roux_Combaluzier_et_Lepape-column2
シャン・ド・マルス公園(仏:Parc du Champ-de-Mars)は、フランスパリの7区にある公園である。公園の北西側にはエッフェル塔、南東側にはエコール・ミリテール(陸軍士官学校)が隣接している。
horizontal
after
800px-PICT0281
1855年を皮切りに、この公園ではパリ万国博覧会が何度も行われ、大きなパビリオンが林立した。 1991年には、この公園を含むパリのセーヌ川周辺は「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録された。
before
Tour_Eiffel_Ascenseur_Roux_Combaluzier_et_Lepape-column2
モーリス・ケクラン 23歳でエッフェル社鉄骨構造物研究部長となり、技師のエミール・ヌーギエや、建築家のステファン・ソーウェストルとともに、エッフェル塔の設計 案や鉄骨構造の計算に協力した。 また、エッフェルのあとを継いで、ルヴァロワ・ベレ鉄骨構造物建設会社社長、エッフェル塔会社社長に任命された。 ケクラン が手がけたエッフェル塔設計図面は、母校のチューリッヒ工科学校ETHに飾られている。
vertical
after
609px-Champ_de_Mars_from_the_Eiffel_Tower_-_July_2006_edit
ステファン・ソーヴェストル 1846年生まれ。 1868年、エコール・デ・ボザール建築科卒業。翌年、モン・サン=ミッシェル修道院建築に関する研究で受賞(シャルル・アルペール・ゴーティエと 共同研究)。 22歳でプレスト劇場改造の監督に任命され次第に建築家として認められるようになる。パリの新開地プレーヌ・モンソ一地区に、多数の別荘や邸宅を建設。エッフェルとの最初の仕事は、1878年万博のガス・パビリオンの建造だった。 のちエッフェル社の建築部長となり、モーリス・ケクランやエ ミール・ヌーギエらと協力して、エッフェル塔の設計監理に従事。その後、ムニエ一家をパトロンとして建築作品を残す。 1905年には、ノワジエルのチョコ レート工場近代化に貢献。 1919年死去。
311px-Eiffel_Tower_from_north_Avenue_de_New_York_Aug_2010
所在地
フランスパリ
状態
完成
建設期間
1887年 – 1889年
あああ ああああ
最高気温記録 °C (°F) 八月40.4 八月40.4 12月17.1
平均最高気温 °C (°F) 八月25.2 八月25.2 12月7.8
平均最低気温 °C (°F) 八月15.5 12月3.6
最低気温記録 °C (°F) 八月6 12月23.9
降水量 mm (inches) 八月63.1 12月58.7
  1. (required)
  2. (valid email required)
ご住所
  1. (required)
  2. (required)
  3. ラジオボタン
  4. チェックボックス
  5. 右側に表示されます英数字を入力してください。
  6. Captcha
  7. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください 確認画面はありません(ボタンを押すと直ちに送信します)
 

58d3ddae10791609e42e862fb6214a67
滝の写真です
b39cecc6251dd5dfc71dc6e1a2e0c0b9
カントリーロードです。