コンコルド広場

EF032
コンコルド広場(Place de la Concorde)は、フランスパリにある有名な広場。
パリの中心部、チュイルリー公園とシャンゼリゼ通りに挟まれて位置する。

設計

代替テキスト
1755年、アンジュ=ジャック・ガブリエルによって設計され、当初ルイ15世の騎馬像が設置されていたため「ルイ15世広場」と呼ばれていた。
その後、フランス革命の勃発により、騎馬像は取り払われ、名前も「革命広場」に改められた。フランス革命中には、ルイ16世やマリー・アントワネットへの処刑が行われた刑場でもある。
1795年、現在の「コンコルド広場」という名前で呼ばれ始める(公式名になったのは1830年)。
EF034
広場の中心部には、エジプトのルクソール神殿から運んできたLuxor Obelisk(クレオパトラの針)が置かれている。